s-ken 写真展 【1977 NYC EXPLOSION IN OSAKA】


イベント詳細

  • 日付:

今年に入り、自伝の出版、衝撃的なMVの発表、そして東阪ライブツアーと精力的に活動を続けている齢71の音楽プロデューサーでありミュージシャンのs-ken(エスケン)。中でも7月に東京・青山にて行われていた写真展「1977 NYC EXPLOSION」は記憶に新しい。貴重な写真の数々が話題になり、
9/11(火)~10/12(金)の約1ヶ月間、錢屋カフヱー&ギャラリーでも開催される事が決定した。

写真はs-ken自身が海外特派員だった1977年のニューヨークを自ら撮影したもの。映画「TAXI DRIVER」の舞台となった当時の街そのものであり、ブロード ウェイやバワリー通りなど今にも喧騒が聴こえてきそうな風景、また、ニューヨークパンクが産声を上げようとしていたCBGBの様子、デビュー前のトーキン グヘッズであったり、ルーリード、ラモーンズやウェインカウンティ、サルサピアニストのエディパルミエリなど、音楽史的にも貴重な写真が約40点展示される。



「ニューヨークは私に勇気を与えてくれた。都市が人間のように生きていて、その住人に活力を与えている。そう感じたのは後にも先にも初めてのこと。」と本人が言うように、過去と現在と移り変わる街の呼吸を感じ取ることができるかもしれない。

さらに昨年、突如復活したs-ken率いるバンド”s-ken&hot bomboms”のツアーが10/9東京、10/12大阪の2カ所で決まっている。オリジナルメンバーでの大阪のライブは実に28年ぶりだと言う。もはや巨匠レベルに達した各メンバー達が一同に揃うのは今回限りかもしれない。年齢を重ねたが故に表現できる音楽を体験できる貴重な機会。この写真展と合わせれば、s-ken&hot bombomsのライブもさらに深みを味わえるであろう。

https://rooftop.cc/news/2018/09/07124232.php

 
開催日9月11日(火)~10月12日(金)
時間11:30~23:00(定休日 月曜日)
会場錢屋カフヱー&ギャラリー  ※10/4~はカフェエリアのみの展示
入場料無料(1ドリンクオーダー制)