イベント詳細

  • 日付:

ZENIYA JAZZ LIVE
2019.2.9(sat)

The Standard Jazz Night


伊藤 久美    永田 有吾    佐々木 善暁

東京で活躍するジャズ・ヴォーカリストが5年ぶりに大阪に登場。
スタンダードソングに加え、皆さんご存知のポップスなど、ジャズを知らないみなさんも楽しめるジャズ・ナイトです。
 
 
[出演アーティスト]

伊藤 久美(vo)
学生時代にジャズ愛好会に所属しライブ活動をスタートし、清水秀子氏に師事。現在、昼間はベンチャー企業社長、夜はライブを中心に活動を続けているジャズボーカリスト。これまで各地のビッグバンドやサルサバンド等幅広く活動し、スタンダード・ジャズを中心に、コンテンポラリー・ミュージックも積極的に取り上げている。1年半ニューヨークで現地のボイストレーナーについて本場のジャズを学び帰国。主に東京都内でライブ演奏を続けている。豊かな声量と声質を活かし、歌詞を大切にすると同時にスキャットを通じて共演ミュージシャンたちとのコラボレーションの楽しさを聴衆に届けている。楽しいMCにも人気がある。



永田 有吾(p)
1989年、兵庫県西宮市生まれ。4歳よりピアノを始め、16歳のときに交換留学の為、一年間滞在したアメリカでの経験を経て、ジャズに傾倒。帰国後、生田幸子氏に師事し、18 歳のとき本格的に音楽活動を始める。19歳で初めて自身のリーダーライブを行って以来、定期的に自己のバンド活動をする一方で、関西一円の様々なアーティストとも共演を重ねる。 2011年JAZZ LAB.レーベルより、デビューCD「ゼニス・アンド・ネイダー」を全国リリース。同世代のメンバーと全曲オリジナルで挑んだ本作は、「平成生まれのジャズ」として好評を博す。その後、 Herbie Hancock(pf)との数々の名共演で知られるEddie Henderson(tp)のツアー参加や、NYの第一線で活躍するJonathan Powell(tp) と共演するなど、精力的に活動を広げている。



佐々木 善暁(b)
愛媛県松山市出身
大阪芸術大学音楽工学コース卒。在学中よりpiano、声楽等を学び、卒業後、コントラバスに転向。魚谷のぶまさ氏、荒玉哲朗、池内修二氏に師事。現在は関西を中心に活動中。ジャズ、ポップス、ゴスペル、ハワイアン、ケルト音楽、劇団のバック演奏(2017年、ピッコロ劇団による「赤ずきんの森の狼たちのクリスマス」に出演)など様々なジャンルのベーシストとしてライブやレコーディングに参加。支援学校教員としての経験を生かし施設や学校での演奏、またアレンジャーとしてはテレビ、ラジオのCMソングを手がける等、多方面で活躍中。
2010年2月 尾崎紀世彦コンサートツアーに参加。
2013年11月 神戸ビエンナーレ2013 ミュージック&アートステージコンペティションにて審査員特別賞を受賞。
2016年10月 おーらいレコードより、自身のリーダーアルバム”Country”をリリース
2018年5月 ハワイのグラミー賞とも称される、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの最優秀インターナショナル・アルバム部門に自身の参加したHook氏のアルバム「Colors」がグランプリを受賞。

開催日2月9日(土)
時間 開場 18:00 ライブスタート 18:45
料金

ディナープラン¥5,500-(税込)
錢屋カフヱーディナー付きの着席プラン。

スタンダードプラン¥3,000-(税込)
お食事なしの着席プラン。


※1ドリンクオーダーをお願いしております。
※アラカルトメニューは軽食・デザートのご用意のみ。お食事をご希望の方はディナープランにてご予約ください。
会場錢屋ギャラリー(錢屋カフヱー店内入ってすぐ右側)
要予約人数制限がございますのでお早目のご予約をお勧め致します。

ご予約申し込みフォーム

ご予約申し込みはこちらよりどうぞ。
申し込み確認後、予約状況を確認したのちに再度ご予約確定メールを送信致します。
お申し込み時の予約状況で、お席のご用意ができない可能性もありますので、ご了承ください。

予約が取れない場合もその旨メールにて送信致しますので、ご確認ください。

お名前(必須)

お名前(カタカナ)(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

人数(必須)

コース(残席わずか)

オプション

上記入力内容で間違いないか確認の上、チェックを入れて下さい。チェックを入れていない状態では送信できません。
※メールが来ない場合、お手数ですが cafe_gallery@zeniyahompo.com までお問い合わせくださいますようお願い致します。