全てのイベント

イベント一覧

2020年 8月
7(金)
【文化講座】紅秋先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
紅秋先生の美文字レッスン今回は※筆ペン ※ペン習字どちらかをお選びいただけます。※お申込み時にご希望を明記してください。ちょっとした生活シーンで美しい文字が書けたら…..芳名帳を人前で堂々と書けたら…..素敵ですよね!そんな想いから始まった講座です。講座では 『ご自身の住所と名前を美しく書けるようになること。』を中心に、すぐに役立つ美文字を習得していきます。紅秋先生の経験からのアドバイスで、ご自身では気付けない癖から美文字になる変化を楽しんでみませんか。みなさまのご参加をお待ちしております。<レッスン内容>・住所・氏名を美文字で書く -芳名帳のお手本を各自に作成しお渡しします・熨斗袋表書き、一筆箋など -日常シーンで使える、映える書き方の習得
2020年 8月
8(土)
【文化講座】<br>原 和人 先生
【錢屋塾|文化講座】原和人 先生の俳句教室俳句は日本文化を形成するとても大事な文芸です。俳句を通じ日本文化を学ぶことにより、人生も心もそして友人(俳友)もきっと豊かになります。近世においても大阪は井原西鶴、与謝蕪村、など数えきれないほどの俳人にご縁が深い場所です。大阪は俳句の聖地でもあるのです。錢屋塾からでも少し歩けば、俳句の世界がそこここに見られます。俳句教室では、俳句の基本から勉強します。実作の方法は勿論、古今の名句の鑑賞・季語の使い方など、初心者も経験者も一緒に楽しめる講座です。<8月の兼題>・原爆忌・秋めく・秋の蝶
2020年 8月
18(火)
【錢屋塾おおさか講座(6回コース)】<br>オンライン参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※オンライン参加  (会場・オンライン同時開催) 第2回~第7回講座 6回コース(オンライン) 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問) コロナ禍の「禍」は、元に戻らないという意味の漢字。コロナ禍後は、コロナ禍前には戻らない。コロナ禍は時代の基本潮流で捉えれると、大断層のなかにいます。では社会は、ビジネスは、生活は、都市・地域はどうなるのでしょう。わたしたちは、なにを残し、どう変えていくべきなのでしょうか。「コロナ禍後社会を考える」をテーマに7回の池永寛明先生による連続講座を緊急開催します。会場とオンラインを繋ぎ、コロナ禍のいま、コロナ禍後のありかたを考えていきます。(第1回は7月29日に開催しました)第2回~第7回までの6回コースのご参加を受付いたします。料金::会場参加:5,000円/オンライン参加:2,500円内容は下記のとおりです。=========================第2回 8月18日(火) 19:00-21:00『コロナ禍前の日本を総括する』(単発/オンライン参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza0818?instance_id=11262(単発/会場参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza08181第3回 9月8日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会を考える基本構図』(単発/オンライン参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081?instance_id=11265(単発/会場参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081-2?instance_id=11266第4回 9月29日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会におけるビジネスを考える』第5回 10月20日(火)19:00-21:00『コロナ禍後における生活を考える』第6回 11月10日(火)19:00-21:00『コロナ禍後における都市・地域を考える』第7回 12月1日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会を考える 「総集編」』今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。こちらのフォームは「オンライン参加」です。=====================※「会場参加」の方へ:ご来場の際はマスク着用をお願いいたします。※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。===================== 
2020年 8月
18(火)
【錢屋塾おおさか講座(6回コース)】<br>会場参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※会場参加  (会場・オンライン同時開催) 第2回~第7回講座 6回コース(会場) 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問) コロナ禍の「禍」は、元に戻らないという意味の漢字。コロナ禍後は、コロナ禍前には戻らない。コロナ禍は時代の基本潮流で捉えれると、大断層のなかにいます。では社会は、ビジネスは、生活は、都市・地域はどうなるのでしょう。わたしたちは、なにを残し、どう変えていくべきなのでしょうか。「コロナ禍後社会を考える」をテーマに7回の池永寛明先生による連続講座を緊急開催します。会場とオンラインを繋ぎ、コロナ禍のいま、コロナ禍後のありかたを考えていきます。(第1回は7月29日に開催しました)第2回~第7回までの6回コースのご参加を受付いたします。料金::会場参加:5,000円/オンライン参加:2,500円内容は下記のとおりです。=========================第2回 8月18日(火) 19:00-21:00『コロナ禍前の日本を総括する』(単発/オンライン参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza0818?instance_id=11262(単発/会場参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza08181第3回 9月8日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会を考える基本構図』(単発/オンライン参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081?instance_id=11265(単発/会場参加)https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081-2?instance_id=11266第4回 9月29日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会におけるビジネスを考える』第5回 10月20日(火)19:00-21:00『コロナ禍後における生活を考える』第6回 11月10日(火)19:00-21:00『コロナ禍後における都市・地域を考える』第7回 12月1日(火) 19:00-21:00『コロナ禍後社会を考える 「総集編」』今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。こちらのフォームは「会場参加」です。=====================※「会場参加」の方へ:ご来場の際はマスク着用をお願いいたします。※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。===================== 
2020年 8月
18(火)
【錢屋塾おおさか講座(単発)】<br>オンライン参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※オンライン参加  (会場・オンライン同時開催) コロナ禍前の日本を総括する 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問) “未来は過去にうまっていることがある”コロナ禍で「絶対ムリといっていた」ことを私たちはしている。オンライン会議にオンライン授業にオンライン診療…、それらはコロナ禍で生まれたモノとかコトとかサービスではなく、コロナ禍前に“できていた”“考えられていた”ことが殆んどで、「やっても無駄、時期尚早」と先のばしにしてきたことである。平成の30年の時間軸のなか、「機能不全」というキーワードが浮きあがってきた。コロナ禍の今なにがおこっているのか、なにがおころうとしているのかを読み解くうえで、それまでになにを考え、なにをしてきたのかを現代的につかむことで、本質が見えてくることがある。令和2年コロナ禍の今、平成の30年間はなんだったのか、戦後75年間はどうだったのか、明治維新後の150年はどんな時代だったのかについて、過去から現在の時間軸で考える。そのなかでつないでいくこととやめていくこと、変えてはいけないことと変えていくことを考えていきたい。コロナ禍後社会を考える連続講座第2回のテーマは、「コロナ禍前の日本を総括する」今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。会場・オンラインそれぞれ定員がありますのでお気をつけください。※会場参加の方はこちらへお申し込みくださいhttps://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza08181※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。今後の講義スケジュール●第3回  9月 8日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える基本構図(9/8)オンライン参加:https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081?instance_id=11265(9/8)会場参加:https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081-2?instance_id=11266●第4回   9月29日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会におけるビジネスを考える●第5回  10月20日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後における生活を考える●第6回  11月10日(火)    19:00~21:00  コロナ禍後における都市・地域を考える●第7回 12月 1日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える 「総集編」  
2020年 8月
18(火)
【錢屋塾おおさか講座(単発)】<br>会場参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※会場参加  (会場・オンライン同時開催) コロナ禍前の日本を総括する 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問) “未来は過去にうまっていることがある”コロナ禍で「絶対ムリといっていた」ことを私たちはしている。オンライン会議にオンライン授業にオンライン診療…、それらはコロナ禍で生まれたモノとかコトとかサービスではなく、コロナ禍前に“できていた”“考えられていた”ことが殆んどで、「やっても無駄、時期尚早」と先のばしにしてきたことである。平成の30年の時間軸のなか、「機能不全」というキーワードが浮きあがってきた。コロナ禍の今なにがおこっているのか、なにがおころうとしているのかを読み解くうえで、それまでになにを考え、なにをしてきたのかを現代的につかむことで、本質が見えてくることがある。令和2年コロナ禍の今、平成の30年間はなんだったのか、戦後75年間はどうだったのか、明治維新後の150年はどんな時代だったのかについて、過去から現在の時間軸で考える。そのなかでつないでいくこととやめていくこと、変えてはいけないことと変えていくことを考えていきたい。コロナ禍後社会を考える連続講座第2回のテーマは、「コロナ禍前の日本を総括する」今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。 お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。会場・オンラインそれぞれ定員がありますのでお気をつけください。※オンライン参加の方はこちらへお申し込みくださいhttps://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza0818?instance_id=11262※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。今後の講義スケジュール●第3回  9月 8日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える基本構図(9/8)オンライン参加:https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081?instance_id=11265(9/8)会場参加:https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081-2?instance_id=11266●第4回   9月29日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会におけるビジネスを考える●第5回  10月20日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後における生活を考える●第6回  11月10日(火)    19:00~21:00  コロナ禍後における都市・地域を考える●第7回 12月 1日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える 「総集編」  
2020年 8月
22(土)
【文化講座】瀬原 加奈子先生<br> @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
瀬原 加奈子先生による「娯しみ」の書墨をすり、心を落ち着かせ筆を執る。ユッタリとした時間を過ごしませんか?書道がはじめての方もそれぞれに合ったペースで丁寧に学ぶことができます。※道具をお持ちでない方には初心者用セット(筆、下敷き、墨)を2000円でご購入いただけます。事前申込が必要です。当日先生へ直接お支払いください。<レッスン内容> ・文字のお話・筆の持ち方、道具の扱い方等・古典臨書から学ぶ作品つくり 
2020年 9月
8(火)
【錢屋塾おおさか講座】<br>オンライン参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※オンライン参加  (会場・オンライン同時開催) コロナ禍後社会を考える基本構図 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問)“コロナ禍後はDXによってデジタル社会となる”とみんな同じことをいう。「将来の絵を描け」といわれ、日本は技術を中心とした絵をいくつも描いてきた。しかしながらその絵は、社会を、生活をよりよいものに変えることができただろうか。日本は「IT・AIでなにができるか」と技術を起点に考えてきた。世界は「このような暮らしや仕事をするために、IT・AIをどう使うのか」と、“ライフスタイル・ビジネススタイル”を起点に考える。生活者視点から見るのか技術視点で見るのかのちがいであるが、日本の「失われた30年」の根っこが、ここにあるのではないか。コロナ禍の今も、技術から考える視座での議論がいろいろな場面で繰り広げられている。技術と社会がつながらない。つながらないどころか、実と離れている。なにも変わらない。基本的構図がずれている。出発点がちがっている。人々の親子観、家族観、生活観、市場観といった「社会的価値観」が大きく変わろうとしているのに、そこから議論をすすめないと、社会は変わらない。日本には残された時間は決して長くない。今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。 お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。会場・オンラインそれぞれ定員がありますのでお気をつけください。※会場参加の方はこちらへお申し込みくださいhttps://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081-2?instance_id=11266※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。今後の講義スケジュール●第3回  9月 8日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える基本構図●第4回   9月29日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会におけるビジネスを考える●第5回  10月20日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後における生活を考える●第6回  11月10日(火)    19:00~21:00  コロナ禍後における都市・地域を考える●第7回 12月 1日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える 「総集編」  
2020年 9月
8(火)
【錢屋塾おおさか講座】<br>会場参加 池永 寛明先生 @ 錢屋本舗南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】※会場参加  (会場・オンライン同時開催) コロナ禍後社会を考える基本構図 講師:池永 寛明先生  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問)“コロナ禍後はDXによってデジタル社会となる”とみんな同じことをいう。「将来の絵を描け」といわれ、日本は技術を中心とした絵をいくつも描いてきた。しかしながらその絵は、社会を、生活をよりよいものに変えることができただろうか。日本は「IT・AIでなにができるか」と技術を起点に考えてきた。世界は「このような暮らしや仕事をするために、IT・AIをどう使うのか」と、“ライフスタイル・ビジネススタイル”を起点に考える。生活者視点から見るのか技術視点で見るのかのちがいであるが、日本の「失われた30年」の根っこが、ここにあるのではないか。コロナ禍の今も、技術から考える視座での議論がいろいろな場面で繰り広げられている。技術と社会がつながらない。つながらないどころか、実と離れている。なにも変わらない。基本的構図がずれている。出発点がちがっている。人々の親子観、家族観、生活観、市場観といった「社会的価値観」が大きく変わろうとしているのに、そこから議論をすすめないと、社会は変わらない。日本には残された時間は決して長くない。今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。 お申し込み時には「会場参加」もしくは「オンライン参加」をお選びください。会場・オンラインそれぞれ定員がありますのでお気をつけください。※オンライン参加の方はこちらへお申し込みください。https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/oosakakouza09081?instance_id=11265 ※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。今後の講義スケジュール●第3回  9月 8日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える基本構図●第4回   9月29日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会におけるビジネスを考える●第5回  10月20日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後における生活を考える●第6回  11月10日(火)    19:00~21:00  コロナ禍後における都市・地域を考える●第7回 12月 1日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える 「総集編」  
2020年 10月
25(日)
【茶懐石勉強】平 晴彦 先生
「懐石 辻留」平晴彦氏による茶懐石勉強会恒例となりました、裏千家の懐石料理をあずかる「懐石 辻留」の平 晴彦氏による茶懐石の勉強会。旬のものを使い、素材の持ち味を大切にする氏のお料理をいただきながら、お茶事の流れや雰囲気に触れていただきながら、作法を中心に茶懐石の愉しみ方を教わります。今回の勉強会を機に日本の伝統的な懐石料理に触れていただき、ハードルが高いと思われがちな茶の湯の世界を少しでも身近なものに感じていただけると幸いです。※椅子席での受講になります。★10/26(月) レッスンもあります★ “Kaiseki Tsujidome” : Tea ceremony study session by Haruhiko HiraThis is the annual study session on tea Kaiseki by Haruhiko Hira of Kaiseki Tsujidome,a member of the Urasenke Kaiseki cuisine.This session is not only about the tea ceremony, but manly abut its accompanying food.While having seasonal food and the teacher’s dishes (that value the flavor of the ingredients),You will be taught how to enjoy tea Kaiseki, focusing on manners,while going with the flow and enjoying the atmosphere of the tea ceremony.This time in the study session you will experience traditional Japanese cha-kaiseki cuisine,We hope that you can experience, even if just a little, the familiar and […]
2020年 10月
26(月)
<img src='/images/03.png' class='z'/>【茶懐石勉強】平 晴彦 先生
※現在、参加人数制限中(縮小)のため、キャンセル待ちの状態となりました。                                                               「懐石 辻留」平晴彦氏による茶懐石勉強会恒例となりました、裏千家の懐石料理をあずかる「懐石 辻留」の平 晴彦氏による茶懐石の勉強会。旬のものを使い、素材の持ち味を大切にする氏のお料理をいただきながら、お茶事の流れや雰囲気に触れていただきながら、作法を中心に茶懐石の愉しみ方を教わります。今回の勉強会を機に日本の伝統的な懐石料理に触れていただき、ハードルが高いと思われがちな茶の湯の世界を少しでも身近なものに感じていただけると幸いです。※椅子席での受講になります。★10/25(日)レッスンもあります★ “Kaiseki Tsujidome” : Tea ceremony study session by Haruhiko HiraThis is the annual study session on tea Kaiseki by Haruhiko Hira of Kaiseki Tsujidome,a member of the Urasenke Kaiseki cuisine.This session is not only about the tea ceremony, but manly abut its accompanying food.While having seasonal food and the teacher’s dishes (that value the flavor of the ingredients),You will be taught how to enjoy tea Kaiseki, focusing on manners,while going with the flow and enjoying the atmosphere of the tea ceremony.This time in the study session you will experience traditional Japanese cha-kaiseki cuisine,We hope that you can experience, even if just a little, the familiar and […]