【文化講座】13:30-
櫻庭淳子先生

開催日�
2019年11月4日 @ 1:30 PM – 3:30 PM Asia/Tokyo Timezone
2019-11-04T13:30:00+09:00
2019-11-04T15:30:00+09:00
箸ソムリエによる「懐紙のお稽古」

長きに渡って引き出しの中で眠ったままの懐紙はございませんか?

懐紙を頂いたものの、どう使ったら良いのか分からない…

「懐紙」…「ふところかみ」

懐紙の始まりは平安時代。
優しい和紙素材で作られた懐紙を、
常に懐に入れて日常の中で使われていたと
言われています。

懐紙一つあれば 、どんな場面でもどんな事にも使える。
昔からずっと大切に伝え繋げてきた
日本が誇るとても優れた紙でした。

それがいつの時代からか、
お茶席以外では使われなくなり、
忘れられつつある懐紙。

そんな「懐紙の心」を復活させるべく、
箸ソムリエが「日常使いが出来る懐紙の使い方」を伝授します。

※ご参加いただいた方にはレッスンで制作した折り紙の作品と
季節の懐紙を1束お持ち帰りいただきます。

(レッスン内容)
○懐紙の始まりと歴史
○懐紙を使ったおもてなしの「心」折り紙の制作
・外食編
・ご自宅編
・お支払い編
・その他の日常編
○小菓子を使っての実践

講座詳細

開催日時 2019年11月04日(月祝)13:30-15:30 終了予定
お申込み締切
お問合せ先 TEL:06-6772-1245
E-mail:salon@zeniyahompo.com
開催場所 錢屋本舗本館4階 サロン
錢屋本舗本館1F奥にございます階段よりお上がりください。


大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町14番6号
参加費 5,600円
キャンセル料発生日 2019年10月28日(日)より
定員 10名 ※最少催行人数2名
持ち物 筆記用具 制作した折り紙を入れる袋
レッスン内容 ○懐紙の始まりと歴史
○懐紙を使ったおもてなしの「心」折り紙の制作
・外食編
・ご自宅編
・お支払い編
・その他の日常編
○小菓子を使っての実践

講師:お箸塾“Sakura-ju”代表 櫻庭淳子先生

京都生まれ、京都育ち。

・日本箸文化協会認定講師
・箸ソムリエ
・美箸アドバイザー
・フードコーディネーター
・食育アドバイザー
・スマイルインストラクター

社会人になり、お箸について悩んでいる方が沢山いる事を知りました。
『お箸が正しく使えない』というだけで、肩身の狭い思いをして過ごしていると。
そんな方々のお力になりたい。。。という想いから、
京都市伏見区、明治天皇、皇后様が眠る桃山御陵のすぐ傍に2017年1月お箸塾“Sakura-ju”を開講。
企業研修や、各種講演会、プライベートレッスンなど、述べ350人を超える方々に講座を開講。

「綺麗な箸使いや箸仕草」が“一生の財産”に
櫻庭淳子先生ブログ